情報満載!課題を減らす新卒採用サイト6選

TOP > 新卒採用の課題について > 新卒採用の課題は確かな実力を見る物が望ましい

新卒採用の課題は確かな実力を見る物が望ましい

人事担当者が新しく社員を採用するにあたってまず見るのが社会人としてある程度の実力を持っているかどうかです。
新卒採用の課題はクレペリン検査など性格、適正を見る検査が一般的ですが、これだけでは対策をたてられるとすぐに高得点が出てしまい、本当の意味で性格や社会性などを知ることは難しいでしょう。
だからといってこの手の試験の意味がまったくないわけではありません。
検査を行った上で結果をきちんと分析し、その後の面接試験の参考にすればよく、いくつものテストを経て会社に適合し、これから長く働いてくれる人材かどうかを見極めれば良いです。
若い人たちは自分をアピールする場所を求めていますから、面接試験はかなり気合を入れてくるでしょう。
たいていの人事担当者もこれを見て最終的に合格かどうかを決めます。


一発芸などを新卒採用の課題にする企業もかつては存在しましたが、今はオーソドックスな検査や面接が大半です。
履歴書や事前に行う面接用のアンケートなどを見た上で学生を見定めます。
簡単な応答をすることもあれば、かなり難しい内容の話を振って、それにどう答えるかなども見る必要があります。
学生の側も志望動機などはきちんと組み立てた上で面接に臨んできますから、ある程度人事担当者側も聞く姿勢を作るべきです。
現在は学生の側も会社を値踏みし、自分を安売りしない姿勢をはっきりと示しています。
これは対等の関係からスタートしたいとの気持ちの表れで、社会人として大事な要素をすでに持っていることも示しています。
面接でこれら学生の気持ちの片鱗を知ることができれば、人事を担当する側としても納得できる要素が増えます。


体力テストや運転技術などを見る新卒採用の課題も会社によっては存在します。
特に肉体労働系の職場やエンジニアなど、実技テストを設けてこれに通れば一発で合格するなど、かなり実力主義の面が出ています。
確かに会社は学生とはいえ即戦力になる人材がほしいわけで、技術系の職業などはそれが特に顕著です。
公務員などはかなり多くの試験を経て合格が決まりますが、これはいくつもの試験をして総合的な実力を見る必要があるからです。
試験をパスして晴れて社員への切符を手にすることができる学生は、それなりの資質を最初から持っています。
どれだけその資質を早くから見つけることができるかは人事担当者の能力次第です。
各種試験を繰り返すことも大事ですが、きちんと面接などを通じて話をし、学生の人物そのものを見ることが何より重要です。

次の記事へ

カテゴリー