情報満載!課題を減らす新卒採用サイト6選

TOP > 新卒採用の課題について > 新卒採用の増加と深刻化する課題に関して

新卒採用の増加と深刻化する課題に関して

景気の回復基調を受けて、新卒採用を増やす企業が増えているようです。
団塊の世代の大量退職も要因で、業種によっては大幅な人手不足が生じているようです。
一見すると全てが万々歳の状況のようですが、決してそんなことはありません。
大きな課題の一つが、離職率の増加ではないでしょうか。
せっかく新卒採用をされても、四割近くが三年以内に辞めてしまうというデータがあります。
前向きな気持ちで退職をするのであれば問題はありませんが、仕事に面白さを感じられずに退職を余儀なくされる場合もあります。
厳しい競争を潜り抜けて採用に至ったのですから、自らの可能性を試すべく奮闘を目指すべきです。
また、企業側も金の卵を大事に育てる努力を怠ってはなりません。
両者の意識の改革こそが、良い人材を育てる道ではないでしょうか。


新卒採用の方法としては、書類選考や面接をするのが一般的です。
企業によっては集団でのディベートを課すところもありますし、その中で適性を見極めることになります。
課題解決の方法としては、従来型の採用試験からの脱却ではないでしょうか。
学歴が優れているからと言って、人物像が優れているかは別問題です。
困難に襲われた際には、雑草のように逞しく生き抜く力が必要不可欠だと言えます。
企業が新人研修で無人島キャンプ等を行う狙いは、集団の中でどれだけ協調性を持って取り組めるのかを判断しているからです。
人工知能の発展によって、分野によっては人間の力を必要としなくても仕事が進められるようになりました。
便利なようですが、リストラや採用人数の抑制が予想されています。
自らの考えて動ける人物こそが、これからの時代で活躍出来るはずです。


先を見据えた場合、成長が期待される職種としては介護と飲食業があります。
日本の高齢化は急速に進んでいますし、人手も足りなくなることが予想されています。
飲食の分野も同様で、深刻な人手不足が生じています。
どちらも過酷な仕事ではありますが、大きなチャンスが潜んでいる職種でもあります。
企業は新卒採用を増やしていますし、バラエティーに富んだ人材を確保しようと懸命です。
自己アピールをすることで面接官の目に留まりますし、採用に繋がるのではないでしょうか。
終身雇用制度は崩壊してしまいましたが、やはり長く続けられる職場は理想的です。
キャリア形成にも大きな意味を持ちますし、安定した人生を送るきっかけにもなるはずです。
人口減少が進んでいる日本においては、企業側も常識に囚われない発想が重要になります。

次の記事へ

カテゴリー